都市利便増進施設活用事業

COMMON FACILITY MANAGEMENT

荒井東1号公園のパークマネジメント

荒井東1号公園のパークマネジメント
土地区画整理事業の設計段階で、地元からの要望があ約7,150㎡の公園用地が確保されていました。そこで当法人と仙台市が協議を重ね、都市再生特別措置法に基づく全国初のスキームによる整備・管理・運用のパークマネジメントを実現しました。
整備 ①
当法人が、公園の一部(約3,050㎡)を仙台市から借り、フットサルやテニスなどを楽しめる運動施設や管理施設などを自己資金で整備。
[都市公園法第5条 設置管理許可]
整備 ②
仙台市が、整備①以外の多目的広場、エントランス広場等を整備。
管理・運用
当法人が、公園全体の日常的な清掃・点検、植栽の維持管理。運動施設運営のノウハウを持つ団体と業務提携し、整備①を運営。

荒井東1号公園の概略

上記内容について、仙台市と当法人は平成30年1月に、都市再生特別措置法に
規定される都市利便増進協定(有効期間10年間)を締結しています。

荒井東1号公園の概略

整備した運動施設等は、現在、ナイター設備が完備された全面人工芝のフットサル・テニス兼用コートのレンタル施設「荒井東1号公園スポーツパークSPiA」として、市民のみなさんにご利用いただいてます。更衣室やシャワー室、待合スペースなどのある管理施設を併設し、また開閉式の防球ネットを外すことで公園全体を利用したイベントなど、様々な利用に対応できます。

※ご利用は専用ホームページをご覧ください

荒井東1号公園スポーツパークSPiA

http://spia-sendai.jp/

都市公園等コンクールで日本公園緑地協会会長賞を受賞しました

都市公園等コンクールで日本公園緑地協会会長賞を受賞
荒井東1号公園の整備・運営を民間である当法人が、常に地域と協働しながら継続的に発展していく公園整備マネジメント手法を用いたことが評価され、「第34回都市公園等コンクール」の特定テーマ部門(多様な主体の新たな参画・協働による都市公園等)において、(一社)日本公園緑地協会会長賞を受賞しました。

資料のダウンロードはこちら

ページトップヘ